アレルギーに関する、今あなたが一番必要としている答えを短時間で説明して参ります。

アレルギー症状を克服する一番の近道とは?



【目次】:

1、なぜ、アレルゲン物質の侵入を防ぐ対策をしていても、アレルギー症状が出るのか?

2、治療も受けているし、薬も使っているのに、なぜ治らないのか?

3、アレルギー症状が起きる「前段階で起きているトラブル」について

4、このトラブルを引き起こしている「原因のおおもと」とは?

5、アレルギー症状を克服するために、今すぐにでも始めるべきこととは?


お寄せ頂いたお声

まず始めに【1、2】では、「アレルゲン物質の侵入を防いでいても、治療を受けていたり薬を使っていても、なかなか治らない人が多い理由」について覧いただきます。

そのうえで、【3~5】では、花粉症・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・気管支喘息を引き起こす “原因のおおもと” についてと、 “どんなことを始めなければいけないのか?” についてご覧いただきます。


この【1~5】を順番にご覧いただければ、「克服のための“一番の近道”」を知ることが出来るだけではなく、「何が正しいのか?が分からなくて悩んだり、今ご自身が取り組んでいる治療や療法に対して、感じている不安」も解消することができます。


それでは、今から順番に説明して参りますので、じっくりとご覧になられてみてください。



①なぜ、アレルゲン物質の侵入を防ぐ対策をしていても、アレルギー症状は起きるのか?

ではまず始めに、この疑問に対する答えからお話して参りましょう。


まず1つ目にいえることは、アレルゲン物質の侵入を完全に防ぐことは不可能だからです。

注意:アレルゲン物質の侵入に対して、神経質になりすぎてはいけない理由


花粉

たとえば、花粉が舞う季節になるたびに、TVや雑誌などでは「花粉やアレルゲン物質の侵入を防ぐ対策」に関する特集が組まれるので、アレルゲン物質という言葉自体は、ご存知になられていることでしょう。

しかし、一般的にいわれている「アレルゲン物質」とは、以下に分類される異種たんぱく質や様々な有害物質のことなので、これらすべての侵入を防ぐことは、現実的に不可能であるといえます。



【主なアレルゲン物質(異種たんぱく質)について】

アレルゲンの種類

「食物たんぱく質は、すべて異種たんぱく質で、ダニや塵(ちり)フケやカビに含まれる
たんぱく質も、異種たんぱく質である」ということを覚えておくと良いでしょう。


以上をご覧いただければ分かる通り、実は「人体を構成しているたんぱく質以外」は、すべて異種たんぱく質に分類されるため、異種たんぱく質(アレルゲン物質)の侵入は、「どれだけ気をつけていたとしても、完全に防ぐことはできない」ということはご理解いただけたことと思います。


【注意】:普段から、こまめに掃除をしたり、空気が乾燥している時は加湿器をたくなど、衛生面に気をくばることはとても大切なことですが、あまり神経質になりすぎると、心理的要因で体内環境に乱れが生じ、このことが原因でアレルギー症状が悪化する場合もありますので、この点についても充分に気をつけるようにしてください。

そして2つ目の理由としていえること。

それは、アレルギー症状を引き起こすきっかけとなっている“原因のおおもとは他にある”ということです。


これについては、後ほど詳しく説明させていただきます。



②治療も受けているし、お薬も使っているのに、なぜ治らないの?

えっ!そうなの!

今現在、つらい症状でお困りになられている、ほぼすべての方が感じているであろう、この疑問に対する答え。

それは、現在病院で行われている一般的な治療や、処方されるお薬、そして市販のお薬は、そのほとんどが「過剰反応が起きた時に、体の中で起きる様々な反応をブロックすること」=「未然に防ぐことと、一刻も早くその症状を鎮めること」
に重点を置いたものだからなのです。


ではここで、現在一般的に使われているお薬と治療法がもたらす効果についても、簡単に説明させていただきましょう。

1、一般的に使われている薬によって、得ることができる効果について


たとえば、現在多くの方々が使用している薬は、大きく分けると、「化学伝達物質遊離抑制薬・合成酵素阻害剤(抗ヒスタミン作用のあるものとないものに分かれる)」「化学伝達物質拮抗剤」「免疫抑制剤」の3種類に分かれます。


しかし、これらの薬はどれも、「服用・吸入・点眼、もしくは塗ることで、体内で起こる特定の作用を制御することで、一定期間その症状を抑えたり緩和するもの」であり、アレルギー症状そのものを治す薬ではないのです。


【注意】:特にステロイド剤は、素早く症状を鎮めることに対しては有効ではあるが、長期に渡り使用し続けると、胃腸や肝臓、腎臓の機能障害を起こす危険性もあるため、必ず医師の指示に従うようにしてください。

メモ

2、レーザー治療を受けることで、得られる効果について

効果は限定的。1~2年程度

レーザー治療を受ければ完全に治ると思っておられる方も、まだ大勢おられるようですが、実はレーザー治療で粘膜を焼いた場合でも、その効果は限定的なものとなります。

※この治療を受けることで、その季節、あるいは1~2年間は症状を抑えることが出来ます。 (粘膜の再生とともに効果は薄れていきます。)

なぜ「永続的な効果はない」と断言できるのか。もし仮に、粘膜を焼くことで、異物を排除する機能自体が失われるということになれば、風邪のウイルスなどが入ってきそうになった時や、体の中に入ってしまったウイルスも、くしゃみや鼻水で追い出すことができなくなるのです。以上の理由から、最新機器を使用したレーザー治療であっても、粘膜を焼く治療で半永久的な効果を得ることはできないということは、充分にご理解いただけたことと思います。

これ以外にも、交感神経をブロックし自律神経を安定させる「ブロック療法」なども広く知られている方法のひとつですが、この方法も、体の特定の箇所を制御することで症状を鎮める方法であり、原因の根本から改善していく方法ではないということは、ここまでの説明をご覧いただけたあなたであれば、充分にご理解いただけたことと思います。

3、アレルギー専門医の間でも意見が分かれる「減感作療法」


そして、上記の治療以外には、重症患者に対し、対症療法と併行して行われる根治療法の代表的なものに「減感作療法(皮下免疫療法)」があります。

この減感作療法とは、抗原の抽出液を注射などで投与し体内で抗原に対する免疫力を高めていく方法です。(最初は少量にし、徐々に濃度を高めたものを投与していきます。)


目安としては、花粉の季節が始まる3か月前以上から始め、2年間以上続けることが必要となります。


減感作療法に関する、問題点と注意点について

しかし減感作療法については、これらの問題と注意すべき点があることから、アレルギー専門医の間でも「積極派」と「慎重派」に分かれている状態にあります。 (実際の治療については、必ず医師の指示に従うこと。)


前半のまとめ

本質を知れば迷いはなくなります。

それでは、「アレルゲン物質の侵入を防ぐ対策をしていても、アレルギー症状が出る理由」「治療も受けているし、薬も使っているのに、なぜ治らないのか?」についてご理解いただいたところで、続いて、


3、アレルギー症状が起きる「前段階で起きているトラブル」

4、このトラブルを引き起こしている「原因のおおもと」とは?

5、完全に克服するためには、何をしなければいけないのか?


これらについてもご覧いただくことに致しましょう。

③アレルギー症状が起きる“前段階”で起きているトラブルについて

ではここで、過剰反応や異常反応を引き起こすきっかけとなっている「原因のおおもと」についてまとめたものをご覧いただくことに致しましょう。



アレルギー症状が出る前段階では、何が原因で、どんなことが起きているのか?

このように、アレルギー症状が起きる前段階では、「免疫力の低下」「免疫バランス・自律神経・ホルモンバランスの乱れや崩れ」「各器官の機能低下」これらのトラブルが起きていて、実は、この前段階で起きているトラブルこそが、「アレルギー症状を引き起こす原因のおおもと」となっているです。


だからこそ、花粉症・アレルギー性鼻炎(慢性鼻炎)・アトピー性皮膚炎・気管支喘息を改善するためには、この前段階で起きているトラブルを改善していく必要があるのです。


このトラブルを解消しない限り、症状を抑え込む治療や薬に頼らなければいけない状態が
ずっと続く可能性が高くなる
ということを覚えておくようにしてください。




④トラブルを引き起こしている“原因のおおもと”は、一体何なのか?

これついては、先ほどの一覧(アレルギー症状が起きる前段階では、何が原因で、どんなことが起きているのか?)の内容を理解いただけたあなたであれば、もう気付いておられることでしょう。


そう、大きく分けると「この3つ」が、原因のおおもとの正体だったのです。

有害物質・活性酸素・化学物質


⑤【重要】:あなた自身が、今すぐ取り組まなければいけないこと。

この疑問に対する答え。それは、

これこそが、今あなたが抱えておられる症状を克服するための、「一番の近道」なのです。

これについては、実際に始めてみると実感いただけると思うのですが、蓄積していた有害物質の排泄が始まると、これまで頼りにしていた治療や薬を必要とする機会が、どんどん減っていくようになりますので、是非、一刻も早く実践なさることをお勧め致します。

(早い人なら、数日目で実感出来るようになります。)

喜びの声
最善の方法を、日々の生活にいち早く取り入れる。

では、「有害物質・活性酸素・化学物質」を無理なく体外へ排出するためには、具体的にどんなことをすればいいのか?

これについては、ネット検索をしていただければ、色々なものを見つけることができるので、ご自身で探してみるのも良いでしょう。

しかし、ご自身でお探しになられた場合は、見つけたものが、果たして、


また分からなくなってきた

「色々あるみたいだけど、どれが一番いいの?」

「見つけたものが、本当に安全なのか?が分からない…」

「よく分からないもので副作用が出たら怖いし…」

「遠くまで通わないといけないの?」

「自分が今使っているお薬と併用できるの?」
  など・・・


また、色々とあなたを悩ませることになる可能性がある。


ですので、もし「これらの問題で悩むことは避けたい」と感じられた場合は、「調べることに掛かる時間を短縮するためにも」、「最も簡単で安全で効果的なものにめぐり合うためにも」、そして、「自分の性格や状況に合うものを、いち早くに見つけ出すためにも」、今すぐこの本を手に入れておかれることをお勧め致します。



アレルギー症状を克服する「一番の近道」

不安や迷い、失敗、遠回りが起きる、一番の原因

アレルギー症状を克服する「一番の近道」

それは、「相手の正体が、まったく見えない時。」

たとえば、自分自身が問題を抱えている時に、「原因のおおもとは何で」「その問題はどこで起きていて」「体全体にどんな悪影響を及ぼす恐れがあるのか?」

これらについての情報がなければ、誰だって不安になる。

そして「このを問題を解決する具体的な方法」を知っているかどうか?で、その不安を取り除けるかどうか?が決まる。


だからこそ、どのような症状でお困りになられている場合でも、


「原因物質が持つ特性」

「これらの物質を安全に除去するための具体的方法」


を知っておくということは、あなた自身が今抱えている不安を取り除くことや、これから先もずっと、不安に襲われることを無くすという点から見ても、とても大切なことのです。


そして、遠回りすることや、失敗することが多い… という人にも同じことが言えます。


たとえば、あなたも医療の分野に対して、


「病気を治す目的で病院にいっているのに、保険が適用になるものと、ならない治療があるのはなぜ?」

「正直、私たちからすれば、西洋医学と東洋医学の区分けなんてどうでもいいんで、とにかく一番いい方法で治療して欲しい…。」


こんなふうに思ったことは、一度くらいあるのでは。

しかし実際は、日本の医療界は、ここ10年で劇的な変化が起きているということを、あなたはご存知だったでしょうか。



たとえば、これまで日本の医療は、

医療の統合化が大幅に遅れた原因

これら複数の要因が重なったことで、結果として西洋医学を中心とする考え方だけが優遇された、現代の医療のかたちがこれまで続いてきたわけですが、様々な方々の努力のおかげと、他国が出し続けている効果や実績も影響し、ようやく日本でも医療の統合化を推進する動きが加速し始めました。


そう、本来であればもっと早く進歩・発展していたであろう医療の統合化は、100年近く前、国策により大衆心理が操作されたことや、敗戦により、自国ではなく他国にとって条件が良い法律への変更を余儀なくされたことが原因で、進歩・発展が大幅に遅れたという歴史的背景があるのです。


しかし、長い月日を経て、今ようやく変わり始めようとしている…。


このように、ほんの少しでも「今起きていることの背景にあるもの」や「本質にせまるもの」に触れる機会が有りさえすれば、


「おじいちゃんも、おかあさんも、友達も、お医者さんも、西洋医学以外のものは全く信用していないみたいなので、自分もそうしたほうがいいのかなぁ…?」


といった、まったく根拠がない、何の意味も持たない自作のルールに縛られたり、間違った思い込みのせいで、望む結果を得る機会を逃すということは、確実に減らすことができるようになるのです。



しかし、これまでの人生を振り返ってみても分かるとおり、 「全体像と具体策を示した “本質的なもの” 」とめぐり合える機会は非常に限られている。


だからこそ、本日お伝えした内容を最後までご覧いただいた今、

今日が “その日” であることに気付かれた場合には、少しでも早く不快な状況や不安な状態から抜け出すためにも、以下の「買い物かごに入れる」のボタンを押して、申し込みを済ませておいてください。


「ずっとあなたが探し求めてきたもの」を、お申し込み後、3分以内にお届けさせて頂きます。



ポイント
アレルギー症状を克服する「一番の近道」
プロフィール


このページを「お気に入りに登録」しておくことをお勧め致します。
(このサイトのURLをコピー&ペーストし、自宅のPC宛にメールしておくのもお勧めです。)

このページの先頭へ